音楽劇 はらっぱのおはなし


東京演劇アンサンブルこどもの劇場公演

音楽劇 はらっぱのおはなし

作 松居スーザン
脚本 篠原久美子
演出 関根信一
音楽 菊池大成
振付 明樹由佳
衣裳 清野佳苗
映像・照明 高橋啓祐
舞台監督 松下重人
宣伝美術 奥秋圭
絵 スズキコージ(出典:あかね書房)
制作 小森明子 太田昭

ブッタ(わるわるバッタ・長男)永野愛理
ボッタ(わるわるバッタ・次男)和田響き
ベースケ(わるわるバッタ・三男)坂本勇樹
オニグモじいさん 松下重人
雨ふりのチョウ 正木ひかり
カナブンのオヤブン 洪美玉
角田くわはち(クワガタ) 雨宮大夢

第9回中国児童青少年演劇フェスティバル参加

2019年7月27日(土)10時/14時
2019年7月28日(日)10時
会場 国立北京児童芸術劇院・ホリデークラシック劇場

ものがたり

はらっぱにねころんで、じっと耳をすますと、虫たちのおはなしがきこえてきます……

オニグモじいさんがきもちよく歌をうたっていると、バッタの三兄弟のちょうしっぱずれのドラ声が聞こえてきました。
♪わるわるバッタ わるバッタ さわがせバッタ 不良バッタ!!!
すると、
♪わるがきバッタ あほバッタ はなたれバッタ ばかバッタ……
替え歌とともにカナブンのオヤブンが登場。ほんとうの不良のロックな生き方を語ります。
そしてカッコよく、病気のケムシを助けるために出発です。

一方、クワガタのくわはちは、さなぎからモンシロチョウが生まれ出るのを見てひとめぼれ。
ところがチョウは、オニグモじいさんの巣にちかづいていきます。
きらわれもののじいさんに無邪気に話しかけるチョウを食べるかわりに、じいさんは朝日の光をみせてやるのですが……。

音楽劇 はらっぱのおはなし” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です