t東京演劇アンサンブル スープ劇場Ⅷ

未必の故意

作=安部公房
上演台本・演出=尾崎太郎

照明=真壁知恵子
美術=三木元太
制作=太田昭

  

2015517日(日) 14時 開演

ブレヒトの芝居小屋 全席自由

一般 1500

ケンタウルスの会会員 1000

■チケットのお申込みは、ticket@tee.co.jp または 03-3920-5232 まで

出演

消防団長 竹口範顕

片目 本多弘典

片足 雨宮大夢

音無し 和田響き

クミ子 山﨑智子

江口イタル 坂本勇樹

教師 大多和民樹

島民A 浅井純彦

島民B 熊谷宏平

島民C 洪美玉

抑圧者あるいは無辜の民 永野愛理

抑圧者あるいは無辜の民 正木ひかり

抑圧者あるいは無辜の民3 篠原祐哉

あらすじ
閉鎖的なコミュニティー“菊の島”で、スナックとパチンコ屋、映画館を経営していた男が島民達に集団で撲殺される。
男は異邦人だった。
男は気性が荒かった。
男は何故、殺されたのか?

個別の事情を抱えながら、集団の論理に飲み込まれて行く島民達。
島に縛られている障害者の青年三人。
本土から来た教師。
そして、殺された男と結ばれる事を夢想していた少女。

本土は島を低く見る。
島では異邦人を低く見る。
島の論理に従わない事に、圧力がかかるのは暗黙の了解。
そこにいるのは善良で純朴な人々。

差別意識と同調圧力のなかで叶わなかった、夢と愛情への哀惜の物語。

◆ブレヒトの芝居小屋 スープ劇場◆
私たちが長年本拠地として活動してきたブレヒトの芝居小屋。
この空間は、私たちの想像の泉が湧き出る源泉であり、ここに人が集まり、ここで作品が生まれてきました。

「ブレヒトの芝居小屋に行けば、芝居が観られる」さらにそんな空間にしていきたいという思いで、
“ブレヒトの芝居小屋 スープ劇場”という企画をスタートさせました。
終演後には、出演者とお客さんとで1杯のスープを飲みながら、作品の話をして、交流もしてみようというものです。
みなさま、芝居の感想を語りあいましよう。