ビーダーマンと放火犯たち


 

 

 

●2018年3月23日(金)〜4月1日(日)
●ブレヒトの芝居小屋(西武新宿線・武蔵関)
●東京演劇アンサンブル公演
●作=マックス・フリッシュ 訳・ドラマトゥルク=松鵜功記 演出=小森明子 音楽=国広和毅
終演しました。ありがとうございました。
舞台写真(撮影/松浦範子)をアップしました。

 

開演 23金 24土 25日 26月 27火 28水 29木 30金 31土 4/1日
14:00
19:00

 ★はLow Price Day 2500円

放火による火事が頻発しているある町
行商人が家にあがり込んで火を放ち
街の広範囲を焼き尽くしている
いつも同じ手口
それなのに止められない…
連日の報道に怯えながら
人びとは消防隊を組織した
さて、ビーダーマン氏は
毛生え薬で儲けた会社社長で
共同経営者を解雇したばかり
ある雨の晩
そのビーダーマン宅に
元レスラーという
ホームレスが訪ねて来る…

消防隊のコーラスとともにおくる
エンターテインメント・ブラック・コメディ
スイスを代表する作家
マックス・フリッシュの代表作

★チケット申し込み★

音楽 国広和毅
舞台美術 入江龍太
照明 真壁知恵子
音響 島猛
映像 三木元太
振付 町田聡子
衣裳 仙石貴久江・永野愛理
舞台監督 浅井純彦
制作  志賀澤子・辻尾隆子

●キャスト
ビーダマン         公家義徳
バベッテ          洪美玉
アナ            山﨑智子
シュミッツ         小田勇輔
アイゼンリング       松下重人
警官            大橋隆一郎
学者            篠原祐哉
クネヒトリング       坂本勇樹
クネヒトリング夫人     志賀澤子
コロスのリーダー      原口久美子・竹口範顕・永野愛理
コロス           雨宮大夢・上條珠理・坂本勇樹・篠澤寿樹・関英雄・仙石貴久江・永濱渉・奈須弘子・町田聡子・真野季節・三木元太・和田響き


撮影/松浦範子 (無断転載を禁じます)

ビーダーマンと放火犯たち” への4件のフィードバック

  1. 知り合いのNさんに営業しておきました。「すぐ予約する」って言ってました。
    ボクは、24日の公演に伺います。パベッテとビーダーマンのからみを楽しみにしています。稽古も佳境でしょうか、みなさん風邪やインフルに気をつけてください。

  2. 本日、念願叶って伺えました。
    迫力の歌と映像を取り入れた見た事のない舞台は
    圧巻でしたッ!
    久しく観れていなかったことで、
    新しい顔ぶれが増えたにも関わらず、
    力の有る演技に吸い込まれ、最後まで楽しめました!

    先人の演劇人の方々と今を走る演劇人が、
    数々の作品を紡ぎ出してきた芝居小屋が
    創団の地を離れる事になったと聞き、
    寂しい思いでおります。
    移転する事での、劇団員の負担も並大抵ではないと察しますが、
    一人でも多くの方々の、心に残る作品作りに邁進して頂きたいと願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です