ハラスメントと差別に対するステートメント及びそのための防止対策について


東京演劇アンサンブルは創作現場及び集団生活でのハラスメントとあらゆる差別を一切許容しません。

ハラスメント防止に対する取組

・定期的なハラスメント講習を実施する。
ハラスメントの定義や実例への理解を深める。ハラスメントを受けたと感じた場合、目撃した場合、指摘された場合等の対応や対処方法を学ぶ。個人の間で相談されたケースや事実を知った時の二次被害につながる言動への理解を深める。

・劇団に窓口を設置する。
第三者機関との中継をするための窓口の開設。現場の慣例や利害関係に巻き込まれない人を一人設ける。被害者から第三者機関への連絡があった場合、被害者の望む形で、対処方法を窓口の人間と第三者機関とが相談し、実行する。ハラスメントの判断、緊急性は、第三者機関とのやりとりによりその客観性を担保する。認識の有無に関わらず、その後も加害者が是正を行わなかった場合への状況を問わない厳正な処置。事件性のある場合には速やかに被害者や第三者機関と相談した後、法的機関や専門家への連絡のサポートをする。

・ハラスメントの起こりにくい環境作りへ。
劇団でハラスメントや人権侵害に対する意識のアップデートと、すべての劇団員の理解を深めることを実行する。またハラスメントの専門の部署を劇団内に結成する。劇団として、ハラスメントや人権侵害を許容しないスタンスを常に明確にしていく。一人一人の人権が侵害されない環境作りを心がける。ハラスメントが起こったとき、第三者機関との連携をすることで稽古場や劇団を閉鎖的な空間にしない。「立場」や「人格」を問わない、事実に基づいた厳正な処置の実施を明確にしていく。

以上のことを心がけ、実行します。

創作現場をより良いものにしていき、次世代に安心して創作に取り組める環境を提供することを目指します。

東京演劇アンサンブル運営委員会

ハラスメントと差別に対するステートメント及びそのための防止対策について」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください