千年ユニコーン


作=沖田有 構成・演出=公家義徳


2019年8月21日(水)~25日(日)

会場 シアターグリーン BOX in BOX THEATER

 

■スタッフ

音楽/海津賢

舞台美術/稲村朋子・公家義徳

衣裳/稲村朋子 

映像/向井知子

音響/島猛 

照明/真壁知恵子

宣伝美術/久保貴之 奥秋圭

舞台監督/篠原祐哉 

制作/小森明子 太田昭 辻尾隆子

 

■キャスト

アン     山﨑智子

マルオ     永濱渉

画廊の老女/アンの祖母     真野季節

アンの父/アナウンサー     小林利也(劇団仲間)

猪パイア/金物屋/キャスター/教師     奈須弘子

ペルーダ/家具屋     浅井純彦

ラタトスク/修理屋/リポーター/生徒A     篠原祐哉

スコル/仏像売り/生徒B     大橋隆一郎

  8/21 水 8/22 木 8/23 金 8/24 土 8/25 日
14:00   
19:00    

当日 4500円
前売 3800円
U30 3000円
★=Low Price Day=2500円
全席自由
開場は開演の20分前より予約順に整理番号順のご入場となります。
なお、ケンタウルスの会の会員は30分前より先行入場となります。

TEE Webチケット ←チケットの申し込みはクリックしてください。

協賛 ケンタウルスの会
助成 現代舞台芸術創造普及活動 

『千年ユニコーン』

演劇ならではのありえない世界が、
次第に世界の現実にすり替わる。
ぼくたちはどのような世界に生きているのか。
ぼくたちの願いは劇場中にこだまするか
ふたりの心優しい高校生の光と闇を
軽快なタッチで描くほろ苦い青春ドラマ。
憎しみが愛へと変わり、人を信じる勇気を手に入れたそのときに、世界が変わる。

「大丈夫、きみは一人じゃないよ」

現役の高校教師沖田有の書き下ろし作品
『千年ユニコーン』
演出は『ラリー ぼくが言わずにいたこと』や『消えた海賊』などの学校公演作品なども手がけ、数々のヒット作を生み出している東京演劇アンサンブルの俳優であり演出家、公家義徳
作曲にはドキュメンタリー映画『The Birth of  Sake』のサウンドトラックを手掛けた海津賢
衣裳にはオランダのネザーランド・ダンスシアター(NDT)で修業を積んだ稲村朋子
舞台美術は公家義徳と稲村朋子
映像はケルンメディア芸術大学大学院で学び映像空間演出デザインを多く手掛けてきたTEE初参加の向井知子
音響には座・高円寺の島猛
照明は東京演劇アンサンブルの真壁知恵子
宣伝美術にはフランス、イタリア、タイなど海外でも注目を浴びているアクリル画家、久保貴之
強力なスタッフで奏でる
ヴァーチャル感覚たっぷりのファンタジー

あらすじ

いじめが原因で引きこもり気味の高校生アンはインターネットのブログサイト“千年ユニコーン”とのチャット(ネット上での会話)に夢中になっている。アンの両親は離婚の調停中。アンは父と母のどちらを選ぶかという選択に迫られている。独特の見解を持つユニコーンにアンは心を癒され、次第に思いを馳せるようになっている。

アンの同級生マルオもまたいじめが原因で学校を退学している。アンはかつてマルオがいじめられた現場に遭遇しならも、その場を逃げ出してしまったという苦い経験を持っている。

ある日、アンがベットで目覚めると、傍らで見守っていた祖母から三日間眠り続けていたのだと告げられる。いつの日からかアンには「傷を癒せ、魂を救え」という声が聞こえはじめ、アンの周りには怪物たちが集まってくるようになる。この怪物たちはノアの方舟に選ばれなかった者たち、現実には存在していない生き物たちだ。一角獣ユニコーンも方舟には乗らなかった。

ある日、マルオはアンに、ユニコーンがこの世界を終わらせるために、世界に復讐するために、世界同時テロリズム を計画していることを告げる。

どこまでが夢でどこまでが現実なのか。心優しいふたりの高校生の光と闇を描く 夢と現実が交錯するファンタジー。



千年ユニコーン” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です