揺れる


作/マリア・ミリサヴリエヴィッチ
訳・ドラマトゥルク/高橋文子
構成・演出/公家義徳

『揺れる』公演 新型コロナウィルス感染症対応につきまして

スタッフ
音楽――国広和毅
舞台美術――池田ともゆき
衣裳――稲村朋子
映像――三木元太
音響――島猛
照明――真壁知恵子
宣伝美術――本多敬 奥秋圭
舞台監督――篠原祐哉
制作――小森明子 太田昭 辻尾隆子

出演
浅井純彦
雨宮大夢
大橋隆一郎
小田勇輔
篠澤寿樹
篠原祐哉
仙石貴久江
永野愛理
永濱渉
奈須弘子
原口久美子
洪美玉
三木元太
山崎智子
和田響き

全席自由 

前売(一般)3,800円/前売(U30)3,000円
当日(同一料金)4,500円
Low Price Day2,500円均一(26/27 14時の回)
申し込み 東京演劇アンサンブル カンフェティ(QRコード)

開場は、開演の20分前よりケンタウルスの会会員の優先入場/その後整理番号順のご入場となります。整理番号は発券順となります。

プレ学習会/アフタートークについては後日HPにて発表します。

アフタートーク!!! (各回終演後30分程度)
3/26木19時の回 安田純平さん(フリージャーナリスト)
3/27金19時の回 平良いずみさん(『ちむぐりさ』映画監督)※都合により中止となりました。
3/28土19時の回 高橋文子さん(翻訳・ドラマトゥルク)
小高慶子さん(Goethe Institut)
→聞き手はいずれも演出の公家義徳

協賛 ケンタウルスの会

助成 文化庁 舞台芸術創造活動活性化事業(ロゴ)

会場 d-倉庫
アクセス

ベルリンの壁の崩壊から30年。

外から鳴り響く轟音。バルコニーに集う若者たち。世界のあらゆる情報に触れながらすべてが他人事、ゲームなのか現実なのか境界はあいまいなまま。ある行為がきっかけとなり……地震が起き津波に襲われ、戦車が目の前に。ヴァーチャルな世界が現実のものとなる。若者たちは想像力をふりしぼって困難に立ち向かおうとする。

戦車が来る。

かくれろ。

こんどこそ、私たちの番。

心臓を再生させればいい!

心臓?

それか、ポーションがあれば。全員分、ある?

なんの話だ?

攻撃される前に、こっちの命を回復させておけばいいのさ。ポーションがないなら、何か食べないと。食べれば、新しい命が充填できる・

食べ物なんてないよ。

ファーネス。シュワ、死んだ牛プラス炭。パッ、焼いたステーキ。

ウイリアム・ブレイクの予言詩をベースに、鬼才マリア・ミリサヴリエヴィッチがヴァーチャルな現代世界を描く。

2016年ハイデルベルク演劇祭劇作家受賞、2018年ミュルハイム演劇祭ノミネート作品。『揺れる』日本初演。

揺れる” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です